コンジローマの治療と老人性うつ病の症状と血小板減少

老人性うつ病は若年性のうつ病とは全く違う特徴があるので、自己の判断によって診断することが難しいとされていて、行動面では若年性のうつ病の場合は体を動かすことが少なくなるのですが、老人性うつ病の場合は意味のない行動が多く見られるようになり、また通常のうつ病では意識的にコミュニケーションをとることが少なくなるのですが、老人性うつ病は他人に訴えることが多くなる傾向があるので、家族内ではうつ病であることに気が付かない場合があります。また不安や焦りなどを家族に対して訴えることが多くなるので、定年をしてから物事を否定的に見るようになったり、人の悪口しか言わなくなった場合には老人性うつ病の可能性が非常に高くなります。血小板減少は難病に多いとされていて、急性の白血病や再生不良性貧血の他に血小板減少性紫斑病などの難病によるものもあります。血小板が減少するとアザができやすくなり、鼻や歯茎からの出血が止まりにくくなるなどの症状がありますが、血小板減少がひどくなると血尿や血便、吐血などがあるので子どもの場合には命にかかわることがあります。コンジローマは一般的にはイボ状の腫瘍が亀頭などにできる性病とされていますが、コンジローマウイルスにはたくさんの種類があるので、ほとんどのタイプは良性のイボ状の腫瘍ができるだけですが、悪性化するタイプもあるので、専門の医療機関を受診してコンジローマの治療や検査を行わなければなりません。予防法はコンドームを使用するしかありませんが、セックスを避けることで感染を防ぐこともできます。コンジローマは完治することが難しい性病なのでパートナーが感染するとイボからの出血によって二次感染を引き起こすことがあります。