口唇ヘルペス、コンジローマの検査は新宿クリニックで

疲労が重なって免疫力が落ちると、唇や唇のまわりにヘルペスができることがあります。
このヘルペスは、単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因となり、水ぶくれや発疹などの症状が出ます。
単純ヘルペスウイルスには1型と2型の2種類のタイプがあり、1型は口の周り、顔などに出ることが多く、2型は性器など下半身に症状が出ることが多いです。
口の周りにできるものは口唇ヘルペスと呼ばれ、性器などにできるものは性器ヘルペスと呼ばれています。
単純ヘルペスウイルスは、とても感染力が強く、一度感染するとウイルスは潜伏し、再発を繰り返します。
感染した場合は、早めに治療して、感染を広げないことが大事です。
性器ヘルペスは、セックスによって感染することがほとんどです。
オーラルセックスが広まった結果、口唇ヘルペスにかかったパートナーから感染するケースや、その逆のケースも増えています。
口唇ヘルペスも、性器ヘルペスも、正しい治療をすれば、1週間くらいで治ることが多いです。
性感染症の中では、尖圭コンジローマも患者数が多いです。
尖圭コンジローマは、自覚症状のない間にイボのようなできものが増え、気付いた時にはかなり悪化していることがあります。
お風呂で、自分の体をチェックしている人は、尖圭コンジローマの発見も早いです。
体に違和感がある時は、早めに検査をして治療を受けることが大切です。
性感染症患者の増加に伴い、性感染症の検査ができる専門のクリニックも増えています。
新宿クリニックは、匿名でも性感染症の検査ができるクリニックとして有名です。
検査結果は、新宿クリニックのホームページからログインして知ることができるので、とても便利です。
また、新宿クリニックでは、性感染症だけでなく、生活習慣病の検査もでき、不安や疑問がある場合は、無料相談を利用することもできます。