特発性のコンジローマと潜伏期間について

たくさんの性感染症があるなかで、比較的ポピュラーなものの一つにコンジローマがあります。これはヒトパピローマウイルス、略してHPVが引き起こす病気で、感染した部位にイボのようなものが出来てしまう病気です。誰でもなる可能性がある病気ですからそれほど心配をする必要はありませんが、一般に潜伏期間については1~2ヵ月ほどでの発症になりますが、潜伏期間も短ければ3週間ほどとまちまちです。長ければ8ヶ月ほども潜伏期間を過ごしていたりするほどです。

また、特発性の変化がないコンジローマはほぼ無症状のため、自分自身が感染していることに気がつかないことも多いです。そして知らない間にパートナーとの性交渉を持ってコンジローマに感染させてしまっていたりもします。その為、検査などを受けようと思うのであれば、節目の時に一度検査をしておくようにすれば特発性のコンジローマに感染しているかどうかも発見しやすくなります。

見た目では治ったように見えても、コンジローマを完治させるのには根気が必要です。一部が治ったとしても他の部位にまだ感染している可能性もあります。もちろん特発性としてそのまま密かに感染していることも当然ありますので、潜伏期間などはとても心配になりますが、きちんと主治医やパートナーと相談をしながら治療を進めていきましょう。治ったと思って油断をしたところでまた再発してしまいやすいので、完治と出来るレベルになるまでは二人三脚で頑張っていって下さい。もしかしたら感染しただろうかと思ったら、病院に出かけて検査を受けて下さい。治療が必要な場合はすぐに治療を行うようにする事で、きちんと最後まで治しきる事ができるのです。